留学中に勉強したい内定を取るための就活マナー_面接編

「留学経験があると就活に強い」
こんなことが学生の間でよくいわれていますが、本当にそうでしょうか。
たとえ、留学経験や就活へのやる気があっても、

・面接対策をしていない。
・就活(社会)での基本マナーが身についていない。

という方は、内定を勝ち取ることが難しいかもしれません。
この記事を読むことで、留学中で面接方法がわからないといったあなたのお悩みを一気に解決します。
具体的には

・就活マナーの重要性について
・面接部屋での対応方法
・面接のパターン(個別・集団)別対応方法
・アクシデント時に備えた対策

の順番に重要なポイントをご紹介していきます。
3分程度で読めますし、あなたの不安が劇的に解消される可能性が高いので、ぜひご一読ください。

就活の基本マナー

就活が始まると会社説明会やOB・OG訪問などで社会人と交流する機会が増えてきます。
オフィシャルな場での社会人との会話は緊張したり、言葉を詰まらせてしまうかもしれません。
OB・OG訪問などを通して、自分の言葉づかいや所作についてのマナーを見直すとよいでしょう。

就活マナーとは

就活生に求められるマナーとは、「他者を不快にさせない振る舞いや言葉遣い」です。
基本マナーが身についているだけで、面接官に好印象を与えることができます。
就活を機に、社会人としてのマナーの基本を身につけておくとよいでしょう。

就活マナーで合否は左右されるのか

就活マナーが原因で落とされてしまわないか心配な学生は多いと思います。
面接の時に、つい学生言葉がでてしまった。
面接入場時のノックの回数を間違えた。
緊張のあまり自己紹介で自分の名前を抜かしてしまった。

しかし、安心してください。

このような失敗で落とされるようなことはありません。
たとえば、髪の色が金髪であったり、派手なネイルをしていたりと常識の範囲外であった場合は問題です。
ビジネスマナーは社会に出ると自然と身につくため、学生のうちは相手を不快にさせるような非常識なことだけないようにしましょう。

メラビアンの法則

面接では話す内容が重要なのはいうまでもありません。
しかし、見た目や話し方は話す内容と同様に重要です。
それを示した研究に「メラビアンの法則」があります。

「メラビアンの法則」とは、アメリカの心理学者が提唱した概念で、話し手が聞き手に与える情報の影響力を以下の割合で数値化したものです。

・視覚情報(見た目や表情、態度など):55%
・聴覚情報(声のトーンや大きさ):38%
・言語情報(話の内容):7%

「視覚情報」と「聴覚情報」で全体の約9割を占めており、非言語コミュニケーションがいかに重要かがお分りいただけます。
就活生は、話す内容だけでなく、見た目や態度、話し方なども気を付けなければなりません。

面接会場での就活マナー

履歴書などの選考が通過し、面接が行われます。
会場に到着してから、どのような手順で面接部屋まで行けばよいのかみてみましょう。

1.面接会場に到着

面接会場に到着したらコートなどの上着は脱ぎ、裏返しにしてたたみましょう。
これは、外から持ち込んだ汚れを室内に持ち込まないようにするためです。

2.待機場所での過ごし方

面接が行われる前、控室に通されます。
控え室では、特に指示がない場合は、下座に座るようにしましょう。
ドアから最も近い席が下座、離れている席が上座です。

海外留学 就活マナー 面接

面接のパターン別対策

面接には面接官1~3人程度と自分1人で面接を行う「個人面接」と面接官複数人と受験者複数人が面接を行う「集団面接」があります。

個人面接と集団面接のパターン別マナーについて把握するために以下で2パターンについてご紹介します。

入室時から退室までの基本マナー(個別面接編)

<入室時>

1.ドアを3回ノックする

面接の順番がきたら、ドアを3回ノックします。
「どうぞ。」と呼ばれたら「失礼いたします。」と言ってからドアを開けます。
ノック2回だとトイレの空室確認になりますので注意しましょう。

2.入室したら、ドアの方を向いてドアを閉めます。

入室の際に後ろ手で閉めたり、普段からやっているようなドアから手を離して半自動で閉めたりしてはいけません。

3.ドアを閉めたら面接官の方へ向き直りお辞儀する。

お辞儀の前に「よろしくお願いいたします。」と挨拶してもよいでしょう。

4.いすの左側に立つ。

お辞儀の後、いすの左横まで歩いて向かいます。

5.着席する。

「どうぞお掛けください。」と言われたら「失礼いたします。」と言い、お辞儀してから着席しましょう。

持参したバッグは、いすの横に立てかけます。
椅子には、浅く座り、背もたれにもたれず背筋を伸ばして座りましょう。
男性は手を軽く握り膝の上に、女性は手を重ねて膝の上におきます。

<退出時>

1.面接が終了した時点で、面接官から「以上になります。」と声がかかります。
起立し「ありがとうございました。」とお礼を述べましょう。

2.退出時(ドアから出る前)には、面接官に向かって「ありがとうございました。失礼いたします。」と挨拶してから一礼して退出しましょう。

入室時から退室までの基本マナー(集団面接編)

<入室時>

1.先頭の人がドアを3回ノックする.

面接の順番がきたら、先頭の人がドアを3回ノックします。
「どうぞ。」と呼ばれたら「失礼いたします。」と言ってからドアを開けます。

2.入室したら挨拶する。

入室したら面接官に向かって「失礼します。」と挨拶をしましょう。
入室の際、ドアノブは持ったまま挨拶をし、次の人のためにそのまま開けっ放しにして入室しましょう。
後に続く人も同じ形で挨拶して、最後の人は、ドアの方を向いてドアを両手で閉めましょう。
ドアを閉め終わってから挨拶します。

3.入室した順に奥のいすまで進み、いすの左側に立つ。
入室した順に奥のいすまで進み、いすの左側に立って最後の人が入室するまで待機しましょう。
全員が揃った時点で面接官から「お座りください。」と言われますので、その後、着席するようにしましょう。

4.着席する。

「どうぞお掛けください。」と言われたら「失礼いたします。」と言い、お辞儀してから着席しましょう。
持参したバッグは、いすの横に立てかけます。
椅子には、浅く座り、背もたれにもたれず背筋を伸ばして座りましょう。
男性は手を軽く握り膝の上に、女性は手を重ねて膝の上におきます。

<退室時>

1.面接が終了した時点で、面接官から「以上になります。」と声がかかります。
起立し「ありがとうございました。」とお礼を述べましょう。
退出の順番は、最後に入室した人(ドアから近い人)から順番に退室します。

2.退出時(ドアから出る前)には、面接官に向かって「ありがとうございました。失礼いたします。」と挨拶してから一礼して退出しましょう。

留学生 面接時 マナー

アクシデント時の就活マナー

万が一の面接当日のアクシデントに備え、対策方法を知っておきましょう。
そうすることで、面接当日の心の余裕につながります。

面接会場への到着は余裕を持とう

見知らぬ土地では、面接会場までたどり着くのに自分が思っている以上に時間がかかります。
特に田舎から東京や大阪といった都会に出てきて面接を行う学生は、電車の乗り継ぎにも一苦労するでしょう。
大切な面接前にヒヤヒヤしないで済むよう、時間に余裕を持って最寄りのカフェで待機しておくとよいです。
早く到着したからといって、受付開始前に会場に入るのは迷惑になる可能性もありますので、受付開始後に入場しましょう。

遅刻しそうな場合は速やかに連絡しよう

どれだけ気をつけていても間に合わないことを想定しておきましょう。
間に合わない可能性を感じた時は、訪問先に電話で一報いれるとよいです。
こういった事態に備え、企業の人事部、連絡先を事前に確認して登録しておくと安心できます。
事前連絡なく遅刻してしまうと、社会人としてのマナーがなっていないと企業側への悪印象を与えかねませんので気をつけましょう。

まとめ

就活マナーは、社会人になった後にも大切な基本マナーです。
就活を機に社会人としての基本を身につけましょう。

こちらの記事では

・就活マナーの重要性について
・面接部屋での対応方法
・面接のパターン(個別・集団)別対応方法
・アクシデントに備えた対策

をお伝えしました。

「他者を不快にさせない振る舞いや言葉遣い」ができていれば合格点です。

基本マナーを身につけて面接にのぞんでください。

(参考)
https://gaishishukatsu.com/archives/116143
http://shushoku.js88.com/hp/fs/02-07.html
https://ten-navi.com/hacks/interview-6-3329
https://prime-design.info/mehrabian

(メラビアンの法則)
https://bizhint.jp/keyword/104435
(就活マナーとは)
https://job.mynavi.jp/conts/2020/manner/
(面接時のマナー)
https://job.rikunabi.com/contents/manners/1014/
https://job.mynavi.jp/conts/2020/manner/vol06/02.html
https://gakumado.mynavi.jp/style/articles/47297
https://job.senken.co.jp/shinsotsu/articles/mensetsu-manners

RECOMMEND

PICKUP

SCROLL TO TOP