英語も大事だけど面接は日本語です。留学中に勉強したい内定を取るための就活マナー_言葉づかい編

面接が始まるけど、学生言葉が出てしまいそうで不安。
普段、先輩に使っている言葉遣いでいいんだっけ!?
あれ、そもそも敬語って何?
このような不安や疑問を抱いている学生も少なくないはず。
面接は「やる気」や「能力」だけでなく、正しい言葉遣いでアピールすることが大切です。
就活を機に社会人としてふさわしい言葉遣いを覚えていきましょう。
この記事では面接における

・言葉遣いの重要性
・よく使うフレーズと注意しておきたいポイント

を紹介しています。

あなたが抱く不安や疑問が解消されますので、ぜひご一読ください。

就活マナーの基本(言葉遣いの重要性を理解しよう)

言葉遣いの重要性を理解し、面接に備えることが大切です。

こちらの章では

・正しい言葉遣いができることがいかに重要なのか
・面接官が就活生の言葉遣いを通して何をみているのか
・そもそも敬語とは何なのか
・就活にふさわしい敬語を身につけるにはどうすべきか

を順番に紹介します。

言葉遣いの重要性

大学やバイト先ではあまり意識することのなかった言葉遣いや敬語の使い方について、就活を機に見つめ直すことになります。

言葉遣いや敬語の使い方は、面接に限って重要になるわけではありません。
社会に出ると、ますます敬語が重要になってきます。
これまで接することのなかった目上の方とのお付き合いが増えてくるからです。
敬語が使えないようでは、相手に無礼を働いてしまい大きなビジネスチャンスを逃してしまうかもしれません。
就活を機に、正しい言葉遣いを身につけていきましょう。

面接官は言葉遣いから「社会人としての常識」をみている

面接官はあなたの言葉遣いを通して「社会人としての常識」が身についているかを確認しています。
基本的な言葉遣いや受け答えのマナーがなっていないと、せっかくよい経験を語ってもマイナス評価をつけられてしまうかもしれません。
また、就活マナーにおいて大切な基本的な考えは「他者を不快にさせない振る舞いや言葉遣い」です。基本的な考えを理解した上で、こちらで最後に紹介する基本的なフレーズを身につけ面接に取り組みましょう。

そもそも敬語とは

敬語とは、相手への敬意を表したり、自分をへりくだって気持ちを表す言葉遣いのことです。
普段、多くの方が大学生活で先輩に使っている言葉が「丁寧語」と言われているものです。
一方で、就活において必要な言葉遣いは「尊敬語」や「謙譲語」です。
尊敬語とは、話題の人物に対して敬意を払った言葉。
謙譲語は、自身をへりくだることで相手側を立てるときに使う言葉。

就活にふさわしい言葉遣いを身につけるためには

就活にふさわしい「尊敬語」と「謙譲語」を使えるようになるには、普段から使い慣れておくことが大切です。
仮に暗記したとしても、面接という特殊な環境においては緊張し言葉が出なくなることがあるからです。
たとえ緊張していても自然と敬語が出てくるように日常で使い慣れておきましょう。

就活マナーの基本(面接の言葉遣いに慣れよう)

面接マナーとして言葉遣いや受け答えのマナーを知っておきましょう。
こちらの章では

・普段使っている口癖や注意しておきたいポイント
・就活でよく使う言葉

を紹介します。

注意しておきたいポイント

普段から、自分の発言に注意し口癖を直していきましょう。
こちらでは、注意しておきたい口癖と面接時のポイントを紹介します。

「えっと〜」や「あの〜」などの口癖に注意しましょう。

自分では気づかないかもしれませんが、話はじめに「えっと〜」や「あの〜」と言ってしまう人がいます。
このような口癖は、面接官に自信のない印象を与えてしまいます。

本番までに何度も面接練習を繰り返し、指摘してもらい少しずつ直していきましょう。

丁寧語を話そう

面接本番で緊張して言葉が詰まってしまうと、普段使っていない「尊敬語」や「謙譲語」が出てこなくなることがあります。
その場合には、無理して「尊敬語」や「謙譲語」を使う必要はありません。
面接においては、自分をアピールすることが何よりも大切だからです。
普段から使い慣れている「丁寧語」を使い、自分の思いを面接官に伝えましょう。

ゆっくり大きな声で話す

ゆっくりと大きな声で話すことで、面接官の目にはあなたが自信のあるように映ります。
はじめての面接は緊張してしまいつい早口になってしまいますが、いつもよりゆっくり話すことを心がけましょう。
ゆっくり話すことで面接官はあなたの言葉を聞き取りやすくなり、また落ち着いた印象をあなたに抱くでしょう。

志望企業をいう場合には「御社」と話す

志望動機を話す際の決まり文句は「御社を受けようと思ったきっかけは…」です。
「こちらを受けようと…」とは言わないようにしましょう。
なお、書面上で記述する際には「貴社」と書きますので、合わせて覚えておきましょう。

よく使うフレーズ一覧

こちらでは就活中に使いそうなフレーズをまとめてあります。
面接時はもちろん、企業の方から電話があったときにもふさわしい言葉遣いで対応できるようにしておきましょう。

就活 留学 言葉遣い 

まとめ

緊張する面接で、滞りなくスムーズに敬語を使うには使い慣れるしかありません。
面接本番までに繰り返し練習を行い口癖にも注意しておきましょう。
こちらの記事では

・言葉遣いの重要性
・よく使うフレーズと注意しておきたいポイント

について紹介しました。

就活マナーの基本である「相手を不快にさせない」を守りつつ、よりよい言葉遣いで面接にのぞめるようにしましょう。

(参考)
https://mynavi-agent.jp/knowhow/interview_method/manners/01.html
https://campus.springjapan.com/knowhow/manner/wording.html
https://gaishishukatsu.com/archives/116143

RECOMMEND

PICKUP

SCROLL TO TOP