交換留学生の就職スケジュール【海外にいながらにして成功する就職活動のスケジューリング】

アメリカに留学したいけど、就活のことを考えると今、留学しないほうがいいのかな。
同級生が就活の準備をしているのに自分だけ留学中。どうしたらいいの?
情報交換ができる友達が周りにいなくて不安。

こんなお悩みをかかえている方は必読です。

この記事では、アメリカ留学に行く人がどのようなスケジュールで就活を行うのか、下記3つの視点でお答えします。

・出国前にやるべきこと
・帰国前(留学中)にやるべきこと
・帰国後にやるべきこと

留学に行く前の方、留学中の方もこの記事をお読みいただくだけできっと不安が解消されるはずです
図解入りで、サッとお読みいただけるかと思うのでぜひご一読ください!

就活スケジュール

留学へ出発する前に、就活スケジュールを把握しておこう。
バイリンガル学生向けの就職イベントがあるためこれらはの日程を事前に調べておくことが大切だ。

留学生でも失敗しない就活スケジュール

交換留学生が出国前にやるべきこと

帰国後の就活を見据え、出国前に確認しておきたいことは以下の2点。

・履修申請の可否
・大学の単位認定制度

についての確認だ。
これらについての認識ミスがあった場合、最悪留年も考えられる。


「履修申請の可否」については、履修可能な場合、以下の3点を事前に確認しておこう。

・いつまでに授業登録申請が必要なのか
・留学先の最終試験日はいつなのか
・申請日までの帰国は可能か

履修不可能な場合は、帰国後の時間を有意義に使えるよう計画を練ろう。

また、留学先で取得する単位が、あなたの大学での単位認定ルールに沿っているかを確認しておこう。学部・学科によって認定ルールが異なる可能性があるためだ。

留学中 就活 スケジュール

帰国前(留学中)にやるべきこと

留学中にも就活に向けてできることはたくさんある。

10月頃から「自己分析」や「企業研究」を始め、日本で就職活動が解禁される3月には就職エージェントへ登録を行う。

就活生向けに、企業の広報活動が解禁される3月にあわせ、就職エージェントサイトが一斉に公開される。
それにあわせ、主要な就職エージェントサイトに登録し、気になる企業はチェック。
帰国した際に効率的に活動できるよう、説明会への参加申し込みやエントリーをしておこう。

また、帰国後6月に開催される留学生向け就職イベントに備え、4~5月頃には履歴書の作成を行い気になる企業に履歴書を送付しよう。

ボストンキャリアフォーラムに参加しよう

11月には、日英バイリンガル学生向けの就活イベント「ボストンキャリアフォーラム」が開催される。海外への事業拡大を目的として200社以上の大手企業が参加。
このイベントでは、イベントの開催期間中に面接が行われ内定まで決まる学生もいる。
学業に忙しく就職活動に割ける時間が少ない学生と優秀なバイリンガル人材を採用したい企業をつなげる世界最大級の就職イベントだ。

選考に進むためにはイベントの1ヶ月ほど前からレジュメ作成が必要だ。
企業によって、提出期限が異なるために提出遅れのないよう注意しなければならない。
その後、スカイプ面談を受け、イベント当日採用選考に進める学生もいる。
事前に参加したいイベントスケジュールを確認したり、授業日程の調整や欠席が必要な場合には教授への了承を得たりなど準備が必要だ。

帰国後にやるべきこと

日本に帰国すると、すでに周りの就活生は就活モード全開だ。
それでも、留学に参加したあなたが焦る必要はなく、着実に就活モードに切り替えてほしい。
帰国後、どのように行動すべきか2点にまとめた。

帰国後の夏休みをフル活用する

帰国後、まもなく夏休みに突入する。
卒業が1年以上伸びる学生は企業のインターンシップに参加するための情報を集めるのもよい。
働くことへの具体的なイメージを持つことができる有意義な機会になる。

一方で、日本での就活に追いつきたい留学生は、就職エージェントや大学のキャリアサポートセンターを積極的に活用、就職アドバイザーに相談するのがよいだろう。

夏には国際派の学生のために様々な就職イベントが開催される。
帰国したばかりで就活モードに切り替えられない学生は、自分の気持ちの切り替えのためにも就職イベントに参加することをオススメする。

国内で行われる企業説明会に参加する

帰国後の6月、7月、11月、12月には留学生向けの内定直結型就職イベントが開催される。

約200社が参加するこのイベントでは、事前に提出していた履歴書を元に選考が行われ、イベント期間中に面接、内定まで進む学生もいる。

そのため、帰国前に自己分析や企業分析を済ませ、履歴書の作成、提出を済ませておくことが重要だ。

留学生 夏休み 就活イベント

おわりに

留学経験を通して語学の上達や異文化理解がすすむなど、留学経験を積むことで得られるものは多い。また、国際化が進む中で、バイリンガル人材の需要は高まり就職活動においても有利にすすめることができるだろう。
学生のうちに留学を経験し、就活を有利にすすめるためにも就活に関する「事前準備」が大切だ。

今回の記事では、

・出国前にやるべきこと
・帰国前(留学中)にやるべきこと
・帰国後にやるべきこと

の3点について記載した。
これらをふまえ留学期間中にしっかりと就職活動に取り組んでもらいたい。

 

(参考:https://job.rikunabi.com/agent/kaigai/knowhow/schedule_usaca.html
(参考:https://global.mynavi.jp/conts/schedule/us_ca/
(参考:https://gaishishukatsu.com/special/overseas
(参考:https://gaishishukatsu.com/archives/86391
(参考:https://gaishishukatsu.com/archives/86579
(参考:https://www.disc.co.jp/sp/careerforum/boston/about/

RECOMMEND

PICKUP

SCROLL TO TOP