【5月第5週・スタートアップニュースのまとめ】現役慶大生医療ベンチャーが8,000万円調達 ほか

METRICA資金調達

今週から毎週資金調達ニュースを中心にスタートアップニュースを紹介します。
今週は資金調達4件となります。
もっとスタートアップ情報を知りたい人は、こちらの記事を参考にスタートアップメディアを見てみましょう。

METRICA株式会社

METRICA資金調達

調達額:8,000万円
調達先:インキュベイトファンド、ライフタイムベンチャーズ、エンジェル投資家

METRICAは5月17日、インキュベイトファンド、ライフタイムベンチャーズ及びエンジェル投資家を引受先とした第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は8000万円。出資比率などの詳細は非公開。医療・介護と親和性が高い「AI技術」や「Edge-Computing技術」などのIT技術を利用して、医療・介護現場のワークフローを改善するプロダクトを開発している。

具体的には、日本の介護現場で働く外国人スタッフと日本人スタッフの間の情報共有をサポートする機能を備えた「外国人介護スタッフ向け電子介護記録」や介護施設入居者をAIが見守る「AI見守りカメラ」、在宅で行う透析治療の在宅管理をサポートするAIシステム「在宅透析治療管理AI」などを提携パートナーと共に進めている。

また、新規パートナー企業と別領域での新規プロジェクトを立ち上げを予定しているほか、今回調達した資金を元に、体制の強化をはかる。

プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000044046.html

glafit株式会社

https://glafit.com/

調達額:2.7億円

調達先:ヤマハ発動機株式会社、東京センチュリー株式会社、ノーリツプレシジョン株式会社、紀陽リース・キャピタル株式会社、さんぎん成長事業応援投資事業有限責任組合、個人投資家

glafit株式会社は、ヤマハ発動機株式会社、東京センチュリー株式会社、ノーリツプレシジョン株式会社、紀陽リース・キャピタル株式会社、さんぎん成長事業応援投資事業有限責任組合、個人投資家を引受先とする約2.7億円の第三者割当増資を完了した。今回の資金調達を通じて、パートナー企業との連携により、新モビリティの研究開発、生産体制・人員体制の強化を行うことで、事業の成長を一層加速し、和歌山発モビリティーベンチャーとして株式上場を目指す。

特に近年、ものづくりを行うハードウェアベンチャーに対する厳しい見方がある一方で、当社は、事業開始1期目において、売上高約3.3億円、販売台数約3,000台、営業黒字を達成し、モビリティベンチャーとしての大きな可能性を示した。また、2019年2月には、パナソニック株式会社と電池分野における実証実験を開始することを発表。大企業との最先端分野における連携を進めることで、その可能性を確固たるものにしていく。

今後は、マーケティング・販売戦略の強化、2020年の新モビリティの投入等により、事業の成長を加速していく。

プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000031007.html

株式会社クラス

https://clas.style/

調達額:3.7億円
調達先:ANRI、キャナルベンチャーズ(第三者割当増資)

家具や家電のサブスクリプションサービス「CLAS(クラス)」を展開するクラスは5月29日、ANRIやキャナルベンチャーズを含む複数の投資家を引受先とした第三者割当増資等により、総額3.7億円を調達したことを明らかにした。

クラスは2018年4月の創業。同年7月にANRI、佐藤裕介氏、光本勇介氏、中川綾太郎氏からシード資金を調達していて、今回はそれに続くシリーズAラウンドとなる。

今後はサブスクリプションに最適化した家具の設計・開発・調達に向けて家具のデザイン体制を強化するほか、オリジナル家具以外の商品ラインナップの増強にも取り組む計画だ。

またユーザーの家具選びをサポートするべく、AIやVRなどのテクノロジーを活用したCRM機能の開発も進めていくという。

プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000028.000033987.html

株式会社スナックミー

調達額:2億円
調達先:W ventures、Spiral Ventures Japan、SMBCベンチャーキャピタル、LINE Ventures、朝日メディアラボベンチャーズ

おやつのサブスクリプションサービス「snaq.me」を運営する株式会社スナックミーは、W ventures、Spiral Ventures Japan、SMBCベンチャーキャピタル、LINE Ventures、朝日メディアラボベンチャーズを引受先とした総額約2億円の第三者割当増資を実施した。今回の資金調達により、商品開発体制やシステムの強化のための人員強化や顧客基盤の拡大を図り、インターネット発のReal Food(自然素材から作られた)おやつブランドを作ることを目指す。

プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000032.000031067.html

 

RECOMMEND

PICKUP

SCROLL TO TOP