【1月第1週・スタートアップニュースのまとめ】イノフィス、マッスルスーツ事業の加速のため、シリーズCとして総額35億円の資金調達を実施 他

イノフィス、マッスルスーツ事業の加速のため、シリーズCとして総額35億円の資金調達を実施

明けましたおめでとうございます。本年も日本のスタートアップのニュースをお届けいたします。今回は年末年始のニュースをピックアップしてお届けします。
年の終わりに大型資金調達が相次ぎました。

株式会社イノフィス
イノフィス、マッスルスーツ事業の加速のため、シリーズCとして総額35億円の資金調達を実施
イノフィス、マッスルスーツ事業の加速のため、シリーズCとして総額35億円の資金調達を実施

調達額:35億3千万円

調達先:株式会社ハイレックスコーポレーション、Fidelity International、ブラザー工業株式会社、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社(ロボットものづくりスタートアップ支援ファンドによる引受)、株式会社ナック、TIS株式会社、東和薬品株式会社、株式会社トーカイ、株式会社ビックカメラ等

今回調達した資金は、新製品の研究開発および国内外の事業開発・事業拡大に投資する予定です。また、今回の第三者割当引受先企業の一部との業務提携も行い事業拡大をしていく予定です。

イノフィスが販売するマッスルスーツ®は、空気圧で稼働する人工筋肉のはたらきで動作を補助する装着型の作業支援ロボット(アシストスーツ)です。人を抱え上げる、重い物を持ち上げる、中腰姿勢を保つ、といった作業時に腰の負担を低減する効果を発揮し、腰痛の予防、労働環境改善や人手不足対策に貢献しています。本年11月、さらなる軽量化と大幅な低価格化を実現した「マッスルスーツEvery(エブリィ)」を発売、従来品も合わせ累計販売台数は5,000台を突破いたしました※。

※2019年11月現在

イノフィスでは、「生きている限り自立した生活を実現する」を理念に掲げ、人の動作を助ける装置の開発に取り組み、販売を行っています。マッスルスーツEveryの発売により、これまでの法人中心の需要から個人のお客様へもターゲットを広げ、「一家に一台、マッスルスーツ」を目指して事業を展開しております。 少子超高齢社会における課題先進国の日本から世界へ向けて、より多くの方が生涯にわたって活躍し続けられるよう、イノフィスは人によりそった製品の開発、提供に努めてまいります。

プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000041785.html

パイフォトニクス株式会社
パイフォトニクス株式会社、第三者割当により総額1億円の資金調達を完了
パイフォトニクス株式会社、第三者割当により総額1億円の資金調達を完了

調達額:1億円
調達先:日本テクノロジーベンチャーパートナーズY1号投資事業組合、株式会社フォウス

<当社の概要>
当社は、光産業創成大学院大学発のベンチャー企業として2006年に設立されました。2008年4月に開発した高指向性LED照明の「ホロライト」は、金属やフィルムなどの表面検査、各種イベントや建築物の演出照明、大学や研究機関での建築学、生物学の実験などのさまざまな場面で採用されてきました。その後、高輝度LED光源と大型光学素子の組み合わせによりさまざまな光パターンを形成する「ホロライト・シリーズ」を開発し、日本や米国、欧州、中国などで特許を取得しました。「ホロライト・シリーズ」は近年、工場内の労働災害を低減する安全用照明や、地域資源を生かして地方創生を実現する観光用照明、光害を低減し新しい景観を創造する建築物の演出照明などへの導入が進んでいます。特に安全用照明は当社売上高の8割を占めており、天井クレーン下やフォークリフト後方の危険ゾーン、フック位置の可視化に加え、立ち入り禁止ゾーンや侵入禁止ラインの表示などにより周囲に注意を促し、労働災害の低減に貢献しています。

プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000041665.html

株式会社TimeTree
TimeTree(タイムツリー)約19.6億円の資金調達を実施TimeTree(タイムツリー)約19.6億円の資金調達を実施

調達額:約19.6億円
調達先:Stonebridge Ventures, Inc.、PERSOL INNOVATION FUND合同会社、株式会社オリエントコーポレーション、既存株主を含む国内外の投資家

■ 今回の資金調達の目的
TimeTreeは「カレンダーのシェア」という新しい形の予定管理・コミュニケーション方法を提案し続け、2019年12月におかげさまで登録ユーザー数が2,000万を超える規模にまで成長しております。
今回の資金調達により、TimeTreeをより多くの方に知っていただくためのプロモーションや、「予定による人と情報のマッチング・プラットフォーム」を目指すべく各種機能群の開発を、積極的に推進してまいります。

■ 今後の展開について
TimeTreeは、ユーザー自身が予定を入力して管理するだけではなく、それぞれにフィットした情報に出会い、行動を選択できるマッチング・プラットフォームとなることを目指しております。またビジネスオーナーやコンテンツオーナーにとっては、未来の情報をユーザーに提案できる場所としてご活用できるようになります。

具体的には、下記のような機能群の開発・普及促進を進めてまいります。
・予定情報を元にターゲティング可能な広告配信プラットフォーム「TimeTree Ads」
・TimeTree外部から予定の入力や呼び出しを可能にする「TimeTree API」

プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000028.000017462.html

Hmcomm株式会社
AI音声ベンチャー Hmcomm、第三者割当増資により資金調達を実施
AI音声ベンチャー Hmcomm、第三者割当増資により資金調達を実施

調達額:5.4億円

調達先:DBJキャピタル投資事業有限責任組合、JR東日本スタートアップ株式会社、KFG地域企業応援投資事業有限責任組合、株式会社博報堂DYホールディングス、株式会社協和

■第三者割当増資の目的
当社は、「音から価値を創出し、革新的なサービスを提供することにより社会に貢献する」という経営理念のも
と、社会の様々な課題に対しAIによる“音のIoTソリューションの社会実装”を進めてまいりました。既に、当社の「音」に関する先進技術とサービスは、多くのお客様に導入され、社会の課題解決に貢献しております。一方、国内外ともにAI分野における技術革新は、さらにスピードを増し、AI技術の適用により到達できる潜在的な可能性に多くの期待が集まっています。その可能性を具現化し社会実装していくことは、当社の大きなミッションであります。今回の資金調達を受け、優秀なAI人材の確保、開発環境の充実、研究開発の推進、基盤技術の深耕や新サービスの開発に積極的な先行投資を行ない、社会への貢献と業容拡大にまい進致します。

プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000043.000033941.html

もっとスタートアップ情報を知りたい人は、「留学中に読みたいスタートアップについて学べるサイト5選」の記事を参考にスタートアップメディアを見てみましょう。

RECOMMEND

PICKUP

SCROLL TO TOP