【2月第4週・スタートアップニュースのまとめ】ヒラメ筋CMのベルフェイス、52億円の資金調達を実施~26億円を人材採用に投資~ 他

【2月第4週・スタートアップニュースのまとめ】ヒラメ筋CMのベルフェイス、52億円の資金調達を実施~26億円を人材採用に投資~ 他

今週はすべて資金調達のニュースをお届けします。まとまった金額の調達が多くなりました。

ベルフェイス株式会社
ヒラメ筋CMのベルフェイス、52億円の資金調達を実施~26億円を人材採用に投資~
ヒラメ筋CMのベルフェイス、52億円の資金調達を実施~26億円を人材採用に投資~

調達額:総額52億円
調達先:THE FUND、インキュベイトファンド、SMBCベンチャーキャピタル、YJキャピタル、みずほキャピタル、グロービス・キャピタル・パートナーズ、キャナルベンチャーズ

■資金調達の目的
当社が提供する商談などのビジネスコミュニケーションや営業マネジメントを支援する営業特化型Web会議システム 「bellFace」 は、2015年リリースから現在までに1,200社に導入頂き、業界No.1となっております。
ミッションである 「勘と根性の営業をテクノロジーで解放し、企業に新たなビジネス機会をもたらす」の実現に向け、調達した資金は広告・開発投資に加え、来期に計画する人材採用(300名)に投資致します。

プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000044.000033891.html

株式会社Progate
プログラミング学習のProgateがフリークアウトグループ、East Ventures、三菱UFJ銀行及びりそな銀行から計4億円調達プログラミング学習のProgateがフリークアウトグループ、East Ventures、三菱UFJ銀行及びりそな銀行から計4億円調達

調達額:計4億円
調達先:フリークアウトグループ(FreakOut Shinsei Fund株式会社)及びEast Ventures株式会社を引受先とする第三者割当増資、加えて三菱UFJ銀行とりそな銀行からの融資

【これまでの実績と今後の展開】
当社が運営するオンラインプログラミング学習サービス「Progate」は、ブラウザ上で実際にプロダクトを作りながらコードを書く練習をすることで、初心者でも実践的なプログラミング学習が可能です。世界的なエンジニア不足や国内で2020年に迫る公教育でのプログラミング必修化を追い風に急成長し、2019年に創業丸5年で100万人以上のユーザーを抱える国内最大級のオンラインプログラミング学習サービスとなりました。直近では全くの未経験からWebサービスを作れるようになるまでの学習の道のりを体系的に示した「Web開発パス」をリリースしています。
今回調達した資金を活用し、エンジニアやビジネス人材の採用強化に取り組みながら、インド・東南アジアでの事業拡大を目指します。

プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000051.000015015.html

株式会社LegalForce
AI契約書レビュー支援ソフトウェア「LegalForce」を提供するLegalForce、シリーズBラウンドにおいて総額10億円の資金調達を実施AI契約書レビュー支援ソフトウェア「LegalForce」を提供するLegalForce、シリーズBラウンドにおいて総額10億円の資金調達を実施

調達額:10億円

調達先:WiL, LLC、株式会社ジャフコ、三菱UFJキャピタル、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、みずほキャピタル株式会社、株式会社ドリームインキュベータ、京都大学イノベーションキャピタル株式会社などのそれぞれが運営するファンド

・LegalForceとは
2017年4月に創業され、「プロフェッショナルに、驚きと感動を。」をコンセプトに、日本初となる自然言語処理を用いたクラウド型契約書レビュー支援ソフトウェア「LegalForce」(https://legalforce-cloud.com/)を提供しています。
契約書に潜むリスクを一瞬で洗い出し、修正条文例のリサーチ、契約書管理まで、契約書業務にかかる一連の業務をサポートすることで法務業務の質の向上と効率化を実現します。2019年4月に正式版をリリースして以来、250社を超える企業の法務部や法律事務所にサービスを提供してまいりました。

・資金調達の目的
今回の資金調達により、レビュー精度の向上、既存機能の改善、新機能開発、多言語対応等契約書レビュー支援ソフトウェア「LegalForce」の開発をより一層強化するとともに、新たなプロダクトラインを立ち上げ、企業法務に携わる方をより強力に支援してまいります。
また、採用育成強化はもちろん、新たな営業拠点の開設、新規事業の推進等の新たな挑戦を積極的に推し進めてまいります。

プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000020.000036601.html

株式会社Buzzreach
治験情報インフラを展開する株式会社Buzzreach、約2億円の資金調達治験情報インフラを展開する株式会社Buzzreach、約2億円の資金調達

調達額:総額約2億円
調達先:モバイル・インターネットキャピタル株式会社、株式会社KVP

■本資金調達の目的
今回の資金調達により、提供中の製薬企業・研究者と患者さんを直接つなぐSaaS「puzz(パズ)」の新機能(患者会向けAPIや医師向け治験情報公開機能など)を更に充実させるとともに、新たに開発した”業界初となる新薬の早期承認を支援する”患者向け治験管理アプリ「スタディ・コンシェルジュ(Study Concierge)」の提供を加速させます。1日も早く、多くの患者さん、製薬企業、アカデミアや研究者の方々へ我々のサービスを届け、テクノロジーを用いた患者さんへの情報提供を行うため、今回の資金調達で人員強化を含め事業を加速することで、治験の課題解決、そしてデジタル時代のヘルスケア環境全体に生まれる新たな課題解決に挑んでまいります。

プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000036622.html

もっとスタートアップ情報を知りたい人は、「留学中に読みたいスタートアップについて学べるサイト5選」の記事を参考にスタートアップメディアを見てみましょう。

RECOMMEND

PICKUP

SCROLL TO TOP