【2月第5週・スタートアップニュースのまとめ】スポーツ映像分析プラットフォームのRUN.EDGE、シリーズAで約5.8億円の資金調達を完了 他

【2月第5週・スタートアップニュースのまとめ】スポーツ映像分析プラットフォームのRUN.EDGE、シリーズAで約5.8億円の資金調達を完了 他

新型コロナウイルスの深刻な影響が続く経済界ですが、スタートアップからは明るいニュースをお届けします。

RUN.EDGE株式会社
スポーツ映像分析プラットフォームのRUN.EDGE、シリーズAで約5.8億円の資金調達を完了
スポーツ映像分析プラットフォームのRUN.EDGE、シリーズAで約5.8億円の資金調達を完了

調達額:5.8億円
調達先:KDDI Open Innovation Fund 3号、株式会社メディアシーク、データスタジアム株式会社、Spiral Capital Japan Fund 2号、株式会社Link-U、株式会社クロップス、クイックソフト株式会社、旺文社イノベーションファンド1号

スポーツ映像分析プラットフォームを提供するRUN.EDGE株式会社(本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長 小口 淳、以下「RUN.EDGE」)は、KDDI Open Innovation Fund 3号、株式会社メディアシーク、データスタジアム株式会社、Spiral Capital Japan Fund 2号、株式会社Link-U、株式会社クロップス、クイックソフト株式会社、旺文社イノベーションファンド1号より、総額5.8億円の資金調達を完了したことをお知らせいたします。

これに伴い、以下の通り新規・既存の領域において出資先との協業を目指した取組を開始し、事業成長を加速させていきます。

● 5G時代のワクワクする未来の体験創造を目指すKDDIと「スポーツ観戦者向けやアマチュア向けの展開」
● 画像認識技術に関する高いノウハウとビジネス経験を有するメディアシーク、他出資先と「動画サービス・プラットフォーム向けの展開」
● スポーツデータ業界における先駆者であるデータスタジアムと「国内プロ野球を中心とした展開」(業務提携契約を締結済み)

プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000053881.html

ナステント株式会社
睡眠関連の医療機器を製造・販売するナステント、1.5億円の資金調達を実施
睡眠関連の医療機器を製造・販売するナステント、1.5億円の資金調達を実施

調達額:約1.5億円
調達先:クリエートメディック株式会社をはじめとする投資家

ナステントは2019年5月より、セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ株式会社(2019年4月破産)が製造・販売をしていた気道の閉塞を予防、呼吸の確保を助ける鼻腔挿入デバイス「ナステント」事業を継承し、ナステントを安心して使用できる環境を維持・改善することに邁進してまいりました。2020年1月には、オランダ・ベルギーでの医師主導の臨床実験を開始、2月には企業向けセミナー業務をはじめました。さらに生産拠点を中国から日本に移し、今回の調達の引受先であるクリエートメディックを委託先として、製造開始をいたします。
このたび調達した資金により、国内における睡眠時無呼吸症候群向けの管理医療機器(クラスII)としての承認取得を目指して治験の開始をするとともに、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の最大市場であるアメリカ合衆国の医療機器承認の取得を目指し、準備を加速する予定です。

プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000047258.html

ストックマーク株式会社
文章解析AIトップベンチャーのストックマーク、WiLから資金調達
文章解析AIトップベンチャーのストックマーク、WiLから資金調達

調達額:非公開
調達先:WiL Fund Ⅱ, L.P.

今回の調達資金は、プロダクトの付加価値向上のための研究開発費、事業規模拡大に向けた人件費、プロダクトの認知度向上のための広告宣伝費として活用します。

資金調達先であるWiLは、米国シリコンバレーおよび東京に本社を置く日本大手企業連合の出資による日本最大級のベンチャー投資育成企業です。創業者の伊佐山氏は、日本企業が世界を変えるイノベーションを創出し、新規産業に広がりをもたらすことの重要性を説き、今一度日本がグローバル市場で活気づくためには、テクノロジーを上手く取り入れ、人が本来なすべき活動をスピーディに推進できる環境を整えていく必要があると語っています。この度、企業内組織の効率化を図る鍵となるデジタルトランスフォーメーション(DX)を進める当社がかかげるビジョンに賛同いただき、出資いただくこととなりました。日本企業における文章データ解析の普及を目指し、お客様満足度の向上を図り、R&Dの強化、企業の変革、イノベーションの一端を担うよう邁進してまいります。

プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000039.000024407.html

株式会社Lean on Me
障がい者にやさしい街づくりを目指す社会課題解決型ベンチャー企業Lean on Me(リーンオンミー)が第三者割当増資を完了

障がい者にやさしい街づくりを目指す社会課題解決型ベンチャー企業Lean on Me(リーンオンミー)が第三者割当増資を完了

調達額:非公開調達先:株式会社サムライインキュベート、さくらインターネット株式会社、株式会社スマートバリュー、シナジーマーケティング株式会社

「Special Learning」は、知的障がい者の支援者を対象に、支援をする上で必要な知識を3分間の短い動画で体系的に学べる、マイクロラーニング方式を採用したeラーニングです。権利擁護・虐待防止や安全面、提供価値面などテーマごとにコースが設定されており、200個以上の研修動画があります。自分にとって必要なタイトルを選んで、好きな時間に視聴することができ、人のマネジメントで困ったり、常勤・非常勤の職員が日常の支援でつまずいたときに、課題を乗り越えることができます。

今回の資金調達により、「Special Learning」のコンテンツやサービスの拡充と、さらなる普及を目指して活動を強化してまいります。

プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000038466.html

 

もっとスタートアップ情報を知りたい人は、「留学中に読みたいスタートアップについて学べるサイト5選」の記事を参考にスタートアップメディアを見てみましょう。

RECOMMEND

PICKUP

SCROLL TO TOP