【3月第2週・スタートアップニュースのまとめ】株式会社RECEPTIONISTが第三者割当増資を実施 他

株式会社RECEPTIONISTが、株式会社オプトベンチャーズ、セールスフォース・ドットコムの投資部門の2社を引受先とする第三者割当増資を実施

今週は企業向けサービスのニュースが揃いました。

株式会社RECEPTIONIST
株式会社RECEPTIONISTが、株式会社オプトベンチャーズ、セールスフォース・ドットコムの投資部門の2社を引受先とする第三者割当増資を実施
株式会社RECEPTIONISTが、株式会社オプトベンチャーズ、セールスフォース・ドットコムの投資部門の2社を引受先とする第三者割当増資を実施

調達額:非公開
調達先:株式会社オプトベンチャーズ、セールスフォース・ドットコムの投資部門であるSalesforce Ventures

「RECEPTIONIST」は、受付業務と日程調整を半自動化し、各社員の生産性を高めるクラウド受付システムです。ビジネスチャットやスマホアプリで担当者を直接呼び出すことで、スムーズな来客対応を可能にします。2017年1月のリリースから順調に拡大し、約3年で導入企業2500社を突破いたしました。

また、市場の認知度が高く顧客からの満足度も非常に高い製品として、IT製品のレビュープラットフォーム「ITreview」にて、受付システム部門トップの「Leader」に4期連続で選出されています。

今回の資金調達に伴い採用を強化し、新製品および新機能開発のスピードアップを図ると共に、利用企業拡大のためのマーケティング・営業活動と既存顧客のサポートを強化してまいります。

プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000037.000021731.html

AIQ(アイキュー)株式会社
AIQ(アイキュー)株式会社がシリーズBにより約11億円の資金調達を実施。博報堂グループの株式会社スパイスボックスと資本業務提携、及び東京大学松尾豊研究室関係者で運営するDeep30と資本提携を締結。
AIQ(アイキュー)株式会社がシリーズBにより約11億円の資金調達を実施。博報堂グループの株式会社スパイスボックスと資本業務提携、及び東京大学松尾豊研究室関係者で運営するDeep30と資本提携を締結。

調達額:約11億円
調達先:博報堂グループ子会社であるスパイスボックス、SMBCベンチャーキャピタル、and factory、みずほキャピタル、北海道ベンチャーキャピタル、Deep30、商工組合中央金庫、その他金融機関や個人投資家等

今回スパイスボックスとは、同社のノウハウ等と当社のAI技術を融合した新規プロダクトに関する共同開発契約を締結しました。これに基づく新規事業として、デジタルを活用し直接的な企業と個人のコミュニケーションを創出し、新しい体験を提供するインサイトマーケティングを実現するツール等の研究及び開発を共同で行って参ります。更に、AI研究で著名な東京大学松尾豊研究室関係者で運営するDeep30との資本締結により、松尾豊教授からAI分野に関する技術面での助言やネットワーキングの機会が提供されることで、当社のAI技術のレベルを飛躍的に向上させ、今後の新規事業や新規プロダクト開発等に活用して参ります。

当社は今後、ディープラーニングを主軸とする独自の人工知能の開発や既存事業の強化に加え、スパイスボックスとの共同開発契約に基づく新規事業を始めとする新規事業の創出を強化するために、東京本社及び札幌Labにおいて総合的に人員採用を強化し、企業価値の向上及び将来的な株式上場を目指します。

プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000042.000037916.html

UPWARD株式会社
UPWARD(アップワード)、DBJキャピタル、三菱UFJキャピタルなどから5.5億円の資金調達を実施

UPWARD(アップワード)、DBJキャピタル、三菱UFJキャピタルなどから5.5億円の資金調達を実施

調達額:5.5億円
調達先:DBJキャピタル株式会社をリード投資家として、三菱UFJキャピタル株式会社、DNX Ventures、日本ベンチャーキャピタル株式会社が運営する各ファンド

■資金調達の目的と今後の展望

日本の労働人口の減少により、渉外活動を行うフィールドワーカーにおいても、これまで以上の営業の効率化、業務プロセス改革が目下の大きな課題となっています。しかし、「訪問すべき顧客がわからない」、「社内への営業報告業務がめんどう」、「報告しても特にメリットがない」等で、日々の顧客接点情報が企業の資産にならず、未だ属人的な営業活動となっているのが現状です。

今回の資金調達では、UPWARDの更なる高度化を進め、活動データの自動入力機能やCRMデータとAIを使ったノーティフィケーションやレコメンデーション機能など、パーソナルセールスアシスタント機能である新サービス「AGENT(エージェント)」の開発とマーケティング費用を中心に積極的に投資をしていきます。

プレスリリース:https://upward.jp/info/pressrelease_20200313/

フォースタートアップス株式会社

【3月第2週・スタートアップニュースのまとめ】フォースタートアップス、東京証券取引所マザーズへの上場に関するお知らせ 他東京証券取引所マザーズへの上場に関するお知らせ

フォースタートアップス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社⻑兼CEO:志水 雄一郎 以下、当社)は、2020年3月13日をもちまして、東京証券取引所マザーズ市場へ新規上場いたしました。 ここに謹んでご報告申し上げますとともに、創業以来、当社を支えて下さったすべてのステークホルダーの皆様に、心より御礼申し上げます。

当社は、世界で勝負できる産業、企業、サービス、人を創出し、日本の成長を支えていくために「for Startups」というビジョンを掲げております。このビジョンのもと、今後も、成長産業支援事業者として事業を強力に推進し、日本の成長・発展に貢献してまいります。引き続き、変わらぬご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。

詳細につきましては、日本取引所グループのウェブサイト「新規上場会社情報」をご覧ください。
日本取引所グループ「新規上場会社情報」ウェブサイト:
https://www.jpx.co.jp/listing/stocks/new/index.html

プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000033.000032589.html

もっとスタートアップ情報を知りたい人は、「留学中に読みたいスタートアップについて学べるサイト5選」の記事を参考にスタートアップメディアを見てみましょう。

RECOMMEND

PICKUP

SCROLL TO TOP