【7月第4週・スタートアップニュースのまとめ】アンドパッド、40億円の資金調達を実施 他

【7月第4週・スタートアップニュースのまとめ】アンドパッド、40億円の資金調達を実施 他

今週は久しぶりに大きな資金調達がありました。感染防止には十分気をつけて、上手く経済を回していきたいですね。

株式会社アンドパッド
【7月第4週・スタートアップニュースのまとめ】アンドパッド、40億円の資金調達を実施 他
アンドパッド、40億円の資金調達を実施

調達額:40億円
調達先:グロービス・キャピタル・パートナーズをリード投資家とし、DNX VenturesやSalesforce Ventures、BEENEXTの既存投資家

◼️資金調達の背景
アンドパッドは、「幸せを築く人を、幸せに。」というミッションを掲げ、業界の人手不足解決、働き方改革を加速させる建設・建築業に特化したクラウド型建設プロジェクト管理サービスを提供しています。

2020年7月現在で2,000社の企業に導入されており、今回の調達資金によって、プロダクト開発体制の増強による顧客体験の圧倒的な向上、そしてR&Dとして、業界全体のDX化に貢献するテクノロジーを追求し、社会実装の検証を進めてまいります。

◼️ANDPADアライアンスとは
現場仕事が多い建設・建築業界の働き方も、新型コロナウイルス感染症の拡大を契機にテレワーク化が進むなど、デジタル化への動きが加速しており、今後さらなるDX化・IT化への投資拡大が予想されます。
また、コロナ禍による現場直行直帰のワークスタイルへの変化やFAX出社への懸念、建設業就業者の約3割が55歳以上と高齢化が進んでいるなどの社会背景により、クラウドサービスである「ANDPAD」へのニーズと期待も増加しております。

そこで、建築会社の業務DX化に貢献するべく、「ANDPAD」と併用できるサービスをご案内・システム連携を進めてまいります。

プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000041.000018154.html

THECOO株式会社
エンタテインメント × テクノロジーベンチャー「THECOO」がソニー・ミュージックエンタテインメント、i-nest capitalなどから追加 総額7.1億円資金調達。
エンタテインメント × テクノロジーベンチャー「THECOO」がソニー・ミュージックエンタテインメント、i-nest capitalなどから追加 総額7.1億円資金調達。

調達額:7.1億円
調達先:株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント、i-nest capital株式会社、YJ キャピタル株式会社、株式会社ドラキア・オラシイタ、ダ・ヴィンチ・プロジェクト株式会社

THECOOは、会員制ファンコミュニティアプリ「Fanicon」、コロナウイルス感染拡大防止の影響を受けたライブエンタテインメント業界の新たな収入源の創出を支援すべく提供を開始したチケット制ライブ配信サービス「 Fanistream ( ファニストリーム )」を運営するなど、エンタテイメントとファンをテクノロジーで繋ぎ、健全なエンタテインメントコミュニティを構築しています。今回の調達は、2017年のFanicon提供開始以来、そのコミュニティの安全安心、また、エンタテインメント業界では珍しい強固なSaaSのビジネスモデルにて運営している独自性を高く評価されたものです。

この度の調達を機に、事業拡大の為の積極的な採用と人材強化、海外展開を見据えたサービス認知向上の為のマーケティング投資、サービスの機能の改善と本格的なライブ配信が可能なスタジオ建設などを展開し、ファン・タレント・広告主のそれぞれに価値のあるサービスを提供し、ファンビジネスのエコシステム構築を目指します。

プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000165.000015650.html

株式会社エフェクチュアル
エフェクチュアル、“東京理科大学イノベーション・キャピタル”および”ちばぎんキャピタル”より2.3億円調達
エフェクチュアル、“東京理科大学イノベーション・キャピタル”および”ちばぎんキャピタル”より2.3億円調達

調達額:2.3億円
調達先:東京理科大学イノベーション・キャピタル株式会社およびちばぎんキャピタル株式会社

■エフェクチュアルの事業について
当社は「オンラインから五感を刺激するブランドエクスペリエンスを共に創る」をカンパニーミッションとして掲げ、インターネットを活用した店舗集客支援サービスを展開しております。2014年の創業以来、数百店舗を展開する企業から単独店舗の個人オーナーまで、5,000店舗以上の集客支援に関わってきました。Googleマイビジネスを活用したGoogleマップマーケティングのレビューやオンラインレピュテーションマネジメントのコンサルティングサービスに加え、Goolgleマイビジネスの検索順位やインサイト情報の一括管理できる「On map eye(オン・マップ・アイ)」やGoogleマップの口コミを分析・管理できる SasS型ツール「Hoshitorn(ホシトルン)」、検索エンジンを監視しリスクを検知・管理できる「BenchMark(ベンチマーク)」など、クラウドツールを提供しております。今回の資金調達により、当社はAIやビックデータを活用し、より高度なリサーチ技術やデータ解析を駆使したプロダクト開発を進めます。また、人材採用やマーケティングコミュニケーションを強化することで、事業成長を図って参ります。

プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000031.000039683.html

オトコロドットコム株式会社
サービス業の店舗比較サイト「オトコロドットコム」プレシリーズA 1.5億円の資金調達を実
サービス業の店舗比較サイト「オトコロドットコム」プレシリーズA 1.5億円の資金調達を実施

調達額:1.5億円
調達先:ニッセイ・キャピタル株式会社

■オトコロドットコムが解決する課題
・特定の店舗を探す時に候補となる全店舗一覧がパッと出てきてほしい
・少ない時間と労力で後悔しないお店選びがしたい
・ニッチなジャンルでも見やすい店舗比較情報が欲しい
これらの課題を解決するために、ネット上にフラグメント化(断片化)している様々なローカル店舗情報を1つの場所に集約し、役に立つ店舗一覧を提供します。

■資金調達の背景と目的

この度の資金調達は、店舗比較サイト「オトコロドットコム」の充実と開発の強化を目的に実施しました。

インターネットの利用拡大とコモディティ化に伴い、店舗などを検索するユーザーのニーズがより細分化されてきており、住所や電話番号だけではなくサービスの特徴や料金など、より細かい目的に沿った具体的な情報を、既存の業種分類ではなく”ニーズ別にわかりやすく”表示することが求められています。

弊社ではそのような需要にこたえるため「ITシステム、機械学習、人力での情報収集」を組み合わせることで、良質なコンテンツを素早く生み出す仕組みを構築しています。

プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000061429.html

 

もっとスタートアップ情報を知りたい人は、「留学中に読みたいスタートアップについて学べるサイト5選」の記事を参考にスタートアップメディアを見てみましょう。

RECOMMEND

PICKUP

SCROLL TO TOP